身長が伸びる方法とサプリメント|子供から大人まで背を伸ばすには?

うちの子供が実践しているカラダアルファはコチラです

身長を伸ばすために必要な栄養素とは!?有効な食事の摂り方

 

成長期が来れば背が伸びると思っていましたが、特にぐんと伸びることもなく大人になってしまったという人は少なくないかと思います。

 


小さい頃は

 

「牛乳を飲めば背を伸ばすことが出来るよ」

 

なんて言われていましたが、実際は牛乳が大好きだったのに背が伸びないまま大人になっている人もいます。

 

 

ですが子供のうちから食生活で気を付けていけば、背を伸ばすことはできるはずです。

 

 

また成長期が終わってしまった大人や、もう成長期も後半に差しかかっている高校生でも食べ物次第では背を伸ばすことはできるのでしょうか。

 

 

親の背が低いから遺伝で子供も小さいのだと、簡単に諦めてしまってはいけません

子供の身長を伸ばすために普段からできることは、食べ物でしっかりと背を伸ばすことに大切な栄養素を摂ることです。

 

 

 

カラダアルファのようなサプリメントで補うのもいいですが、基本はやっぱり食事が大切です
(ちなみにサプリはしっかりとチェックして選ぶことが大事ですよ、市販のものは副作用のことあるしNGです。気になるならカラダアルファをおすすめします。)

 

 

背を伸ばすことに一番大切なのは、良質なたんぱく質を摂ることがポイントです!

タンパク質というと、まず肉や魚を思い描きます。それ以外には完全栄養食品といわれる卵、日本食には欠かせない大豆食品にもタンパク質が含まれます。

 

 

子供の成長に必要量は、体重×2gのタンパク質ですが、例えばお肉を100g食べたからといって100gのタンパク質を摂取できるわけではありません。

 

 

ただ肉や魚を与えているだけでは足りませんし、タンパク質以外にカルシウム、亜鉛、マグネシウムといった栄養素をバランス良く摂ることが重要です。

 

 

そして牛乳ですが、カルシウムを含む食品で丈夫な骨と歯を作ります。ここで気を付けておきたいことがありますが、カルシウムは骨を丈夫にする栄養素です。ですから牛乳だけをしっかり飲んでいたからといって、身長が伸びるとは限らないのですね。

 

 

 

 

 

また乳製品以外では、海産物としてワカメやしらす、野菜ですと小松菜、大根の葉、野沢菜などの葉物野菜に、大豆食品でもカルシウムを摂ることはできます。カルシウムはビタミンDやマグネシウムと一緒に摂ることにより、吸収率が高くなります。ビタミンDを含む食材はキノコ類、卵、魚介類です。

 

 

 

 

 

亜鉛、マグネシウムも同様に骨の成長に関係性の高いミネラルです。亜鉛というと代表的な食材には牡蠣がありますが、日常的に食べる食材でもありませんね。他の食材では牛もも肉、納豆、木綿とうふ、スパゲティなどからも摂ることができます。マグネシウムですと、緑黄色野菜のホウレンソウに含まれています。

 

 

 

 

このように骨の成長には、まずタンパク質を軸として、カルシウム、マグネシウム、亜鉛をバランス良く食べることが大切ですから、メインのおかずに魚やお肉を持ってきて、副菜として野菜や乳製品をたっぷり食べて、汁物で大豆食品を摂るといった風なメニューが理想的です。

 

 

肉や魚が苦手だと、背を伸ばすために必要なタンパク質を必要量摂れなくなってしまいます

肉が苦手な子供でもハンバーグは好きなことが多いですね。野菜のあんかけハンバーグでしたら栄養バランスも良くなります。魚も煮魚は煮汁と共に食べると栄養を余すことなく食べられますが、これも苦手な場合はフライにしてみたり、チーズ焼きなど子供の食欲をそそるようなメニューに変えてみましょう。

 

 

 

 

野菜が苦手な場合は、野菜を細かく刻んでお味噌汁に入れてしまうのが一番ですね。もしくは野菜ジュースも良いでしょう。

 

 

 

 

みんな体験談など読むと参考になると思います。思春期には、食事と運動が大切、大人はそれに加えてストレッチや水泳、整体やヨガなども効果的な方法です。